助成金を活用しよう

中小企業経営者、個人時事業主なら、助成金の活用を考えましょう!

特に、雇用保険の支払いをしているなら、助成金取得の機会損失をしないように、正しい知識のつけましょう。

助成金という言葉は耳にされた事はあると思います。では、そもそも助成金のメリットとデメリットを明確できれば、採用不採用も判断できます。

  • 助成金のメリットとデメリット

・助成金のメリット…返済不要の国や自治体にとっても有益な制度

①助成金制度は、公的な条件や要件を満たした企業(個人事業・団体含む)様であれば、必ず振込支給いただける素晴らしい制度です。

②返済不要の資金として調達することができます。

③支給されたお金は自由に使う事ができます

④利益計上できます。

★事業計画に助成金支給を盛り込んで計画できる

[助成金支給実績例]ページ

・助成金のデメリット…不確実に対する不安がほとんど

①初めての採用だと支給されるか不安。

②制度内容がコロコロ変わる

③資料を見てもわからない事が多く、内容がわからない。

④役所の書類が苦手で難しく煩わしい。

⑤今まで失敗された噂を聞いたことがある

⑥良い話すぎるように感じる

⑦申請実績数をこなしている方が周りに少ない

[助成金支給実績へリンク]

[自社の助成金申請額を知る]→助成金対象診断ページ

事業計画に助成金項目はありますか?

助成金は返済不要の利益収入となることは前項で知っていただけたと思います。

ここで多くの事業主様や経営者様で間違った活用をされていることが多いと感じられます。

助成金は博打やギャンブルではありません!!

・事業計画の1項目に加えることをオススメいたします。

・また、活用する場合は実績の豊富な方を仲間にする事をオススメいたします。→ [弊社実績ページ]

現時点で自社の活用できる助成金を知らないだけで機会損失

私たちは、制度内容が変更・追加されても毎年何十万円も何千万円も大企業様なら何億円も制度活用している企業様をたくさん知っています。それは、機会損失を埋める為の経費や労力をかけていられるから実現できている事も見て知っています。そういう企業様は、これからも活用し続けるに違いないでしょう。

【機会損失を埋めるために知っておいてはいかがでしょう!】

①助成金の財源は雇用保険料です。税金ではありません。

②日本の企業であることがまずは条件です。個人・法人問われま

 せん。

③従業員やスタッフが1名以上おられれば、対象企業かどうかを

知る事をおすすめいたします。

④国や自治体は、日本全体や企業の為、良くなる制度を作ってく

れています。活用するかしないかは企業自身が選択します。

⑤一度活用された企業様は、毎年活用されている企業が多い。

実績豊富な専門家を経営チームに加える事が最重要と考えます。

助成金の専門家ってどんな人?

疑問1. 社労士さんが助成金の専門家なの?

疑問2. 成功報酬が10%〜25%ぐらいと聞くけど?

疑問3. 助成金は要件を満たすと100%支給されるのに?

疑問4. なぜ成功報酬?

疑問5. 失敗することもあるっていうこと?

私たちはすべて解決できます!!

 

助成金対象診断からはじめてみませんか?

助成金対象診断の3つのメリット

☑御社が助成金活用できるかどうか分かる。→無料

☑獲得できる助成金額が分かる。→無料

☑活用できる助成金があれば、約500社約8億円の支給実績を持つ専門家にサポート依頼ができる。→有料

※対象になった助成金の種類によってサポート費用は異なります。

自社が今、どれくらいの助成金が活用できるかをまずは知ってみませんか?

助成額がどれくらい活用できるかの御社の試算を出すことで、はじめて【本当の検討ができる】のです。

[助成金無料対象診断ページ]

このページのトップへ