融資に対する正しい理解をしませんか?

資金繰りは企業の、そして経営者にとって永遠の悩みです。前項の助成金活用も同じ(→助成金=資金繰りはコチラですが、少なからず資金調達が思うようにいかずに銀行周りに奔走された経営者様はおられるのではないでしょうか?

例えば、

「金融機関からあと1,000万円融資を受けれたら資金繰りが楽なのに・・・。」

「融資金利を1%ひきさげられたらどんなに経費節約になるだろう・・・。」

のような内容です。

そもそも悩む事自体が無駄なのかもしれません。というのもお金を貸す側(銀行)は、それぞれのある一定のルールや慣習によって貸し出す金額や利子の限度は決まっているのです。

そして、その融資を決定するのは銀行側であり、融資決定の理由をつくるのが経営者なのです。

一般常識では、融資を受けられない会社=業績が悪い会社

ということになっていると思いますが、実はそれが間違った理解なのです。業績が悪くても融資をうけている会社はたくさんあります。逆に、業績はまずまずですが、融資を断られている会社もたくさんあります。

では、その違いはどのような違いがあると思われますか?

それは・・・

融資を受けるための「ツボ」を押さえているかいないかです。

金融機関からの見られ方が再重要!

前項のツボ。それは銀行は企業に対してつけている通信簿=格付け(スコアリング)があります。融資先の格付けは金融庁からの指示なのです。それを経営者自身が知る事ができればどうでしょう?もちろん、その格付けは銀行マンは教えてくれません。それを直接問いただすということすら、お金を借りる立場でする行為でない(実は銀行との面談の際に禁句もあります)こともわかると思います。テストの時に先生に「答えを教えて?」と言っているようなものですから当然です。

そこで、弊社の金融機関格付け診断(有料)をご活用いただき、まずは己を知っていただくところからはじめることをオススメいたします。

以下の悩みをお持ちの経営者様のとって金融機関格付け診断はとても有効です。

・短期ではなく長期借入金(年度資金)を調達したい
・利益が出ていない赤字状態なので、資金が必要だ
・多額の設備資金が必要となったので複数行から調達したい
・条件のいい制度融資を活用したい
・起業するため、創業資金を借入れたい
・決済資金が不足しているので、早急に運転資金を調達したい
・納税や賞与負担が大きいので、季節資金を調達したい
・新規プロジェクトを行うため、プロジェクト資金を借入れたい
・既存の借入金の借り換えしたい

→格付け診断のお申込みはこちら

金融機関は御社をどのように見ている?

1.金融機関の格付け判断基準とは?
2.金融機関の本音とは?
3.金融機関と良い関係を築くには?

私たちは解決策をもっています!!


→格付け診断のお申込みはこちら

代表的な格付け種類

図1

格付けによって何がきまるのか?

単刀直入に以下6項が格付けによって決まる内容です。

①融資の可否
②融資金額の枠
③融資の種類
・プロパー融資なのか?
・保証協会付融資なのか?
④金利の条件
⑤返済期間の条件
⑥担保条件の有無

決算書の格付け
資金繰りの明暗が分かれます!

私たちが企業様に提供できること

  • 銀行格付け(自社の現状把握の為、金融機関格付けがどれくらいであるか分析を行います。)
  • 月次決算(自社の資金繰りや業績など会社の実態を数字でわかりやすく説明します。)
  • 資金繰り作成(正確な予算設定と進捗管理により決算に向けての見込み予測を行います。)
  • 金融機関への財務情報開示のサポート(お客様からの依頼に基づき、メインバンクや取引金融機関へ、財務報告書の開示をサポートします。)
  • 金融機関のマッチング(金融機関から資金調達を行う際、既存行以外の新規取引行を紹介します。)
  • 節税・事業承継・M&Aの相談(財務内容に限らず、経営者様が抱える会社経営に関する悩み、など総合的なアドバイスを行います。)

→格付け診断のお申込みはこちら

このページのトップへ