格付け診断

現在、日本ESP株式会社では、格付け診断を有料にて実施しています。

 

格付け診断とは

金融機関が融資を行う際に、会社の信用を確認するチェックのことです。

基本的には会社の決算書3期分を金融機関側に提出し、貸し出せるかどうかを金融機関側が確認します。

この格付けの仕組みはブラックボックス化され、基本的には金融機関から教えてもらうことができません。

私たちは、専門家の手を借りて、独自の方法で、3期分の決算書から「金融機関格付け」を算出しています。

それを企業様に知っていただく事で、計画的な資金繰りや経営のサポートを行っております。

 

格付け診断方法

まずは下記の診断用紙をクリックして内容をご確認ください。

金融機関格付け診断用紙

 

 

 

 

このページのトップへ